>>2023年レディース福袋 予約日開始日・購入方法はこちら!<<

引っ越し料金|土日と平日の値段差は?安い曜日は?おすすめ業者まとめ

進学や就職、単身赴任等による引っ越しシーズンが存在します。

とても忙しくて慌しいですが、新たな新境地への切り替えとなるので、大変重要です。

ただ、引っ越し業者もピンからキリまでありますから、どれを選べば良いのか難しいですし、出来れば費用も抑えておきたいですよね。

  • 引っ越し価格が気になる方
  • 値引きのコツを知りたい方
  • オススメ業者を知りたい方

以上の方にはおすすめです。

この記事では、引っ越し料金の平日と土日の値段さ・安い曜日と、おすすめの業者をまとめました

引っ越し費用 土日と平日の価格差は?

顧客自身も都合がありますので、「どうしても休日しか出来ない」とか、色々と条件が付いて来る事でしょう。

それに伴った価格は大変気になって来ます。

出来るだけ安く済ませたいのが顧客の大半を占めます。

そこで、平日と土日の料金について調べましたので、ご紹介します。

単身で引っ越しをする場合の平均総額ですが、平日で約4万円です。

そして、家族だと平均で8万円になります。

これは休日も同様の価格帯で、引っ越し業者全体的に差がありません。(引用:引っ越し侍

別都道府県だと、価格は平日・休日共に7万7千円で、家族だと平日・休日共に15万円になります。

基本価格に違いはありません。(引用:引っ越し侍

やはり、家族になると荷物の量がとても増えて来ますから、料金価格も単身の倍になってしまう事は念頭に入れた方が良いでしょう。

従業員の人数や人件費も関係して来ますので、しっかり見積もって行きましょう。

個人的には、基本的な価格が分かった事で、引っ越しをする場合の良い参考例として、受け止められます。

これが分からないままだと、引っ越し業界の価格が不透明で終わってしまいますから、不安感も募って来てしまいます。

是非、知っておきたい情報です。

引っ越し費用 安い曜日は?

引っ越し料金の平均額が分かると安心が出来ます。

ただ、もっと詳しく知りたくもなって来たりもします。

それは、経済面に大きな影響を与えたく無いからです。

次は、どの曜日が安いのかをご紹介します。

これにより、引っ越しのタイミングが上手く図れる事でしょう。

良い曜日を狙いましょう。

月曜日は土日を含めてお仕事が3連休になる為、料金が比較的高い傾向になります。

そして、火曜日から木曜日だと、有休を取得しても連休になり難いから安い傾向です。(引用:ズバット

この情報を通じ、ベストなタイミングを見つけられるでしょう。

個人的には、安い平日の火曜から木曜日に引っ越しをしたくなります。

お仕事が繁忙期だったりしたとしても、単身赴任だったら話は別ですが、家族を連れて行くとなると重要となって来ますので、リーズナブルな価格を選んで行きたいです。

顧客の予算と都合を上手く工面出来てこそ、快適な引っ越しが実現出来るのです。

引っ越し費用 値引きのコツやポイントは?

次は、引っ越し見積もりの際に重要な、値引きのコツやポイントをご紹介します。

やはり、なんとか引っ越し料金を安くしたいのが、顧客の本音でしょう。

出来るだけ安い方がお財布に優しいですから、是非値引き交渉を実施したくなります。

しかし、実際どうやって交渉をして行くかが、度胸が必要な気持ちになってしまいます。

そういったポイントも含めて、知って行きましょう。

最初に知って貰いたい事があり、引っ越し料金には以下の要素があります。

  • 運賃
  • 料金
  • 実費
  • オプション料金

これが、基本的な引っ越し料金の内訳になっています。

特に値引き交渉しても不可能な事があり、それは運賃です。

理由は、国土交通省の基準に合わせており、荷物の輸送距離や時間及び使用するトラックによって金額が判定される仕組みとなっています。(引用:単身引っ越しナビ

更に、オプション料金も値引きの対象外です。

理由は、ピアノといった大型楽器やエアコンについては、専門業者に支払う料金と仲介手数料が含まれているので、引っ越し業者以外に委託等をしている限り値引きが出来ません。(引用:単身引っ越しナビ

こういった難しい条件の中、値引きに対するコツやポイントがあります。

それは、即決しない事です。

引っ越し業者からの相見積もりを見ると、実際は高いが場の雰囲気からして営業トークに負けてしまい、即決に至ってしまうケースも少なくありません。

そうならない為に引っ越し業者には「他の業者と比較します」等と伝える事で、競争力が増して、価格を抑えてくれる可能性も高まって来ます。

同業他社だけにライバルです。

如何に営業側を動かす力が必要という点が、重要になって来ます。(引用:単身引っ越しナビ

そして、複数の業者から見積もりは貰っておきましょう。

これも、対策に繋がって来ます。

個人的には、業者も様々な基準やコストが掛かりますから、なんとか利益を得たい気持ちは分かります。

しかし、顧客側も経済的費用は抑えたいです。

もし自分が引っ越す立場になったら、複数の業者を通じて価格を比較し、充分な相談をし合って決めて行くでしょう。

おすすめ引っ越し業者ランキング

ここまでは、料金や値引き対策をご紹介しました。

次は、筆者がおすすめする業者を、ランキング形式でご紹介します。

これを参考に、良い業者と巡り会えたら幸いです。

1位は、アーク引越センターです。

アーク引越センターは、価格も平均的で見積もりの際は出来るだけ安くしてくれる、良心さがあります。

そして、引っ越し作業の際は従業員が、家具配置を丁寧に聞いて来ますので、安心して個人的な作業に集中出来ます。

値引きも対応してくれますから、じっくり相談して行きましょう。

ただ、エアコン取付時は値上がってしまうので、要注意です。(引用:引っ越し侍

個人的には、値引きも作業時の対応もバランス良くしてくれる業者は、数少ないと見受けられます。

ですので、充分に検討して、アーク引越センターにするのも良いでしょう。

リラックスして、引っ越し業務が出来ます。

2位は、サカイ引越センターです。

サカイ引越センターは、平均相場で作業時には事前説明を行ってくれて、従業員が気になった点があった場合は、顧客に質問をして来ますので、丁寧さが伺えます。

そして、作業連携の良さが持ち味になっており、安心感も湧きます。

ただ、作業用の箱の置き忘れによる、取りこぼしを見受けられるので、気を付けましょう。(引用:引っ越し侍

個人的には、メリハリのある連係プレイで引っ越し作業をしてくれる事は、顧客側としても「サカイ引越センターに選んで良かった!」と思える程、嬉しい気持ちになるでしょう。

お互いが良好に作業を行える事は、大変素晴らしい事です。

3位は、アート引越センターです。

アート引越センターは顧客の意見を聞き入れてくれて、値引きも対応しています。

引っ越し作業時は顧客の家具等を傷つけない様、丁寧な作業をしてくれるので、安心感が湧きます。

ただ、顧客との温度差が見られるので、よく検討する事が大切でしょう。(引用:引っ越し侍

個人的には、アート引越センターの値引き対応等からも、優しさが伝わって来ます。

慎重且つ丁寧さから、従業員の研修はとても計画的でしっかりとした、内容だった事でしょう。

そういった点では、コミュニケーションの温度差は大目に見て行きたい所です。

引っ越し費用 土日と平日の金額に対する口コミ

最後に、土日と平日の金額に対するユーザーの口コミをご紹介します。

引っ越しをする前の参考材料にしてみると、良いでしょう。

人だけに様々な意見がありますので、口コミに目を通す事は時には必要となります。

今回、口コミは以下の3点となります。

  • 引っ越しの料金は平日と土日で3万円も違う(引用:ツイッター
  • 引っ越し料金は値引き交渉が可能です。そして、その方法次第で、いくら値引きできるかが数万単位で変わることも珍しくありません(引用:ツイッター
  • 引っ越し料金2万かからないの強いな(引用:ツイッター

平日と土日の金額の違いや、値引き交渉は当たり前の事を伝えていたりしますし、業者によっては安く抑えてくれている事が、分かって来ます。

個人的には、こうしたユーザー情報は大変貴重に感じます。

それは、大きく括った情報も大切ですが、メリット・デメリットとして捉えられるからです。

口コミはネット社会が普及している現代だからこそ、参考に出来る要素です。

是非、チェックして行きましょう。

まとめ

今回は、引っ越し料金の平日と休日どちらが安いか等と、値引きのコツや口コミをご紹介しました。

  • 県内だと単身で4万、家族で8万円となり、別都道府県だと最大15万円が平均
  • 休日に近い程引っ越し料金は高く、平日の間位だと安い傾向になる
  • 値引き出来ない要素もあるので充分に吟味して、業者と交渉をする事
  • 口コミを参考にして、メリット・デメリットを把握する

新しい環境へ転居する為には、引っ越し業者は欠かせません。

自分1人の力では出来ない引っ越し作業を、サポートしてくれます。

色々と料金を比較したりして、最適だと思える業者と巡り会いましょう。