>>2023年レディース福袋 予約日開始日・購入方法はこちら!<<

ゆっくり茶番劇の商標登録なぜ許可された?撤去・排除はできる?

突如「ゆっくり茶番劇」が商標登録されたことで、ファンの間では動揺が広がっています。

この記事では、「ゆっくり茶番劇」の商標登録がなぜ許可されたのか、商標登録の撤去排除はできるのか、SNSの声についてまとめました

ゆっくり茶番劇 商標登録はなぜ許可された?

「ゆっくりの制作者でも、当方の生みの親でもない人がなぜ商標登録をしているんだ」と疑問の声が上がっています。

商標登録をした本人の目的は金銭面という見解が多いですが、そもそも許可された理由が気になるという声も多く見られました。

パン屋さんが「パン」を商標登録できない、という例はとてもわかりやすいですよね。

ゆっくり茶番劇 商標登録は撤去・排除できる?

「ゆっくり茶番劇」が商標登録されてから、すでに異議申し立てができない期間になっています。

が、状況によっては異議申し立てができるようです。

今後、東方の創作者ZUNさん側にも何か動きがあるかもしれません。

ゆっくり茶番劇 商標登録に対する声

商標登録した方は東方の創作とは全く関係のない人のため、商標登録反対!という声が上がっています。

「ゆっくり茶番劇商標登録に抗議します」「ゆっくり茶番劇商標登録に反対します」といったタグが作られ、数多く発言されている状態です。

意義申し立て期間が過ぎても商標登録は撤去・排除できるようなので、実現するかもしれません。

まとめ

商標登録により、自身の配信コンテンツを非公開にした方も多いと伺いました…

この騒動の着地点はまだ見えませんが、創作者の方もファンの方も納得する結末になればいいなと思います。